【フレッツ光】法人契約と個人契約の違いは何?

光回線

フレッツ光はNTT東・西日本が提供している光回線のため、やはりNTTブランドという安心感から根強い人気を集めていますが、フレッツ光のキャンペーンは法人契約と個人契約で内容が異なります。そこで、当コラムではフレッツ光の法人契約と個人契約の違いについて調査してみました!

【フレッツ光】法人契約と個人契約の違い

最近はフレッツ光の個人契約の場合、キャッシュバックなどの加入特典を実施している窓口はほぼなく、代理店のキャンペーンも法人契約の方向けとなっています。

そのため、会社やお店のインターネット回線を検討している方はフレッツ光なら8万円以上のキャッシュバックを実施している代理店も多いので、お得に申し込みたい方は代理店のキャンペーンを利用するのがおすすめです!

フレッツ光の申込み方法の違い

キャンペーンの内容は大きく異なりますが、申し込み方法に違いはあるのか?確認していきましょう。

【個人契約の場合】免許書・パスポート・住基カードなどの本人確認書類
【法人契約の場合】法人の場合は登記簿謄本、個人事業主の場合は開業届・営業許可書・青色申告書・名刺のいずれかと本人確認書類

このように法人契約の場合は、会社や事業をやっている証明のためにいくつか書類が必要となります。またNTT東・西日本によって必要な書類が異なる場合もありますが、これらの書類を事前に用意しておくとスムーズに申し込むことができるのではないでしょうか。

フレッツ光の法人契約なら代理店のキャンペーンがおすすめ◎

フレッツ光の公式サイトではキャッシュバックキャンペーン等は現在実施していませんが、フレッツ光の代理店で申し込むと最大85,000円キャッシュバック!またはパソコンやタブレットなどの豪華特典プレゼント♪加入特典をお得に受け取ることができるためおすすめです!

また下記の代理店なら、プロバイダの乗り換えで最大8,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施中です!

こちらのキャンペーンは個人契約の方も対象となっているため、サービス内容や料金の見直し等で定期的にプロバイダを乗り換える方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

フレッツ光[東日本] キャッシュバックの詳細はこちら
フレッツ光[西日本] キャッシュバックの詳細はこちら

まとめ

フレッツ光の法人契約と個人契約について解説してきましたがいかがでしたか?

最近の傾向として、フレッツ光の加入特典は法人契約向けとなっているため個人契約で加入特典をお得に受け取りたい方はフレッツ光を利用した光コラボレーション(以下光コラボ)がおすすめですが、個人契約の方でもお好みのプロバイダに契約したりと自宅のインターネット環境にこだわりたい方にはプロバイダが別契約の「フレッツ光」は魅力的ではないでしょうか。

また光コラボは光回線とプロバイダがセットになっているため、お得になる場合もありますが工事の連絡などのやり取りは契約者⇔光コラボ事業者⇔NTTと間に光コラボ事業者が入るため、開通までに少し時間がかかってしまいます。

ですがフレッツ光はNTT東・西日本が提供している光回線のため、工事の連絡などもNTTと直接やり取りすることができるので、開通までの流れがスムーズなのが特長です。

フレッツ光と光コラボの提供エリアや通信速度は同じですが、このように特長はそれぞれ異なるため、少しでもお得に光回線を契約するなら自分の条件にあったものを探してみるのはいかがでしょうか。