フレッツ光から光コラボへ転用するのはデメリットばかり?

光回線

現在フレッツ光をご利用中の方で「光コラボも気になるが…」と転用(乗り換え)を悩み続けている方もいるのではないでしょうか。

そういった方はやはりフレッツ光から転用する際の「デメリット」が大きいと思っているため、中々乗り換えることができないのでは?

そこで今回は、本当にフレッツ光から光コラボへ転用するのはデメリットばかりなのか?フレッツ光から転用する際のメリット・デメリットについてまとめてみましたので、これらを参考に転用を再検討してみませんか。

フレッツ光から転用とは?

フレッツ光を利用中の方が、光コラボに乗り換えることを「転用」といいます。

フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合は、新規開通工事をせずに光コラボへ乗り換えることができるため、契約の切り替えがとてもスムーズに行えるというのが特長です。

フレッツ光と光コラボの比較についてはこちらでもまとめていますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

フレッツ光から光コラボへ転用する方法

STEP1「転用承諾番号」の取得
NTT東/西日本から「転用承諾番号」を取得しますが、まずは手続きに必要な情報を手元に準備しておくとすぐに手続きができるので下記の情報を事前に確認しておくことをおすすめします!

転用承諾番号の取得手続きは電話またはWebからできます。

【転用承諾番号の取得に必要な情報】

①「フレッツ光」のお客様ID、またはひかり電話番号など
②「フレッツ光」の契約者名
③「フレッツ光」の利用先住所
④「フレッツ光」の支払方法

これらの情報が手元に準備できたら、下記の窓口にて転用承諾番号の取得手続きを行ってください。

【NTT東日本】
電話番号:0120-140-202
受付時間:9:00~17:00(土日祝も受付)※年末年始を除く
Webで手続きをする場合はこちらをクリック!
受付時間:8:30~22:00
【NTT西日本】
電話番号:0120-553-104
受付時間:9:00~17:00(土日祝も受付)※年末年始を除く
Webで手続きをする場合はこちらをクリック!
受付時間:7:00~1:00

東日本の場合、Eから始まる番号。西日本の場合、Wから始まる番号です。

取得した転用承諾番号の有効期限は15日間となっています。

多くの光コラボはお申込み時に転用承諾番号の有効期限まで5日~7日の余裕が必要のため、転用承諾番号を取得した場合、早めに光コラボの申し込みをすることをおすすめします。

有効期限を過ぎてしまうと再度転用承諾番号を取り直すことになるのでお気を付けください。

また転用承諾番号を取得できるのは、契約者本人のみとなっています。

STEP2「光コラボ」へ転用の申し込み
気になる窓口でご自身にあった「光コラボ」の転用申し込みをし、STEP1で取得した「転用承諾番号」を伝え、手続きを行ってください。

フレッツ光から転用のメリット・デメリット

それでは、フレッツ光へ転用する際のメリット・デメリットを比較しながら転用時のポイントを確認していきましょう!

転用のメリット

フレッツ光からの転用の場合、開通工事が不要で乗り換えることができるため初期費用も安く済むうえに申し込みから転用完了まで早ければ2週間と期間が短いのも魅力です!

やはりインターネット回線の開通までの期間が早いのは安心ですよね。

また料金面でもフレッツ光の場合は、フレッツ光とプロバイダの2つの月額料金がかかっていましたが、光コラボの場合は支払いが1本化されているため料金体系もわかりやすく管理しやすいのが特長です。

光コラボの場合、回線の料金とプロバイダ料金がひとつにまとまっているため、プロバイダによってはフレッツ光よりも安くなる場合もあります。

さらに光コラボでは、ネットとスマホをセットで使うとセット割の適用でスマホの料金が毎月安くなる割引サービスがあるため、スマホ利用者はスマホのキャリアにあわせて光コラボを選ぶと毎月とてもお得!

何より光コラボですと、個人契約の場合加入特典であるキャッシュバックなどがとてもお得な内容になっているのも魅力です♪

転用のデメリット

フレッツ光から光コラボに転用してしまうと、フレッツ光に転用戻しということはできません。

光コラボに転用するとそれ以降は、現在利用中のネット回線を「解約」し新たな回線を「新規」申し込みする形になるため、転用のように工事不要で乗り換えることはできません。

フレッツ光から光コラボへ転用の場合、開通工事は不要ですがプロバイダの違約金は発生します。

ですが光コラボ提供会社によっては負担してくれるキャンペーンがあり、例えばソフトバンク光ですとプロバイダへ支払った違約金が分かる領収書などをMySoftBankよりアップロード(郵送も可能)すると違約金を還元してくれるので、お得に乗り換えたい方はこういったキャンペーンを活用すると解決できますね。

また利用中のプロバイダは転用後にご自身で解約する必要があるため、こちらもお忘れなく。

フレッツ光の工事費残債額がある場合は、転用すると工事費の残債額が一括払いになります。

ですがこちらもプロバイダによっては解決策があり、楽天コミュニケーションズ光に転用する場合ですと一旦楽天が負担してくれるためフレッツ光の工事費残債額は引き続き分割で払い続けることができます。

このようにデメリットだと思っても、プロバイダによってはキャンペーンなどで解決できる場合もあるので、気になる光コラボがある方は一度窓口で問い合わせてみるのはいかがでしょうか。

まとめ

フレッツ光から光コラボへ転用するのはデメリットばかりなのか、比較してきましたが光コラボへ転用する方がお得になる方のほうが多いのではないでしょうか。

今はスマホを利用している方が多いですが、フレッツ光にはスマホとのセット割がありません。ですが光コラボならセット割適用で毎月スマホの料金が安くなるため、月々の支払いをお得にすることができます♪

やはり毎月の支払い額は積み重なると大きいため、少しでも料金をお得にしたい方はこういった割引サービスを活用するのがおすすめです!

また光コラボは申し込み窓口によって、加入特典はさまざまですが下記のキャンペーンサイトでは、他社よりキャッシュバックの金額が多いため少しでも多くキャッシュバックが欲しい方はぜひチェックしてみてください◎

転用の場合はキャッシュバックがもらえない窓口も多い中、下記の窓口ではソフトバンク光・OCN光なら16,000円、ドコモ光なら15,000円と、とてもお得なキャッシュバックの内容となっていました。

お得に転用したい方はぜひチェックしてみてくださいね◎